PUNPEE/Home Curry【歌詞】

PUNPEE/パンピー|2018年夏『奇書 カレー屋まーくんのあなたの知らないスパイスの世界』のクラウドファンディングに出資したパトロンへのリターン品に楽曲提供 ホームカリー

Home Curry

そんな遠くない昔
巣鴨の端の方
共働きの両親を持つこの家は
留守番のときは決まって
カレーが作られたんだって
今夜もまた独りぼっちの こいつ
「また、おかえりー」

fu uh uh..
肌身離さずいつも鍵っ子の俺は
一人きりの夕飯もなれた
必然かの地球平らに見えた
巣鴨は朝の5時
マミーオンザキッチン
油が鍋に滑るころ俺とパパ スリーピー
眠気覚まし きつめの香水と玉ねぎをかざし
パパとモーニング
まだ聞こえてた夕焼けチャイム
腹も減りすぎグゥーの音だ
放置続いたとしても誰もおらんから
桂正和 ちんちん握る
その場しのぎのカレーとおでんはのうの
秘伝のソース どうせチョコかバーモント
ふて寝するその頭上
吹き出した中のママがcue
ケリつけるよ ha

そんなんじゃないよ
冗談じゃないよ
いつでも君のこと考えてる
でぬきでさいよ
大きくなればいずれ分かるでしょ
いつも二日寝かせた
くたびれた僕んちのカレー

先輩に痛めつけられ
腹いせに後輩殴って
まじ虚しかった まじ虚しかった
ランドセル重すぎて捨てて帰る
オニオンとトマトさっと炒めて
香り出すその風味 ほっぺ落ちる
ケチつけようねぇ
でも今日も一人 公園隅 友人とチル
もう聞こえない夕焼けチャイム
これじゃ孤独が好きになる
煮崩れた黄色のカレーだった
黄色 ブルブルブルー 人参無理
そんな昔話語りながら
カレー煮込んでる今じゃステキな手抜きさ
あん時年下だったちょっと俺に似てたパパもcue
ケリつけるよ

そんなんじゃないよ
冗談じゃないよ
いつでも君のこと考えてる
でぬきでさいよ
大きくなればいずれ分かるでしょ
いつも二日寝かせた
くたびれた僕んちのカレー

fu uh uh..
落ち着いたら喫茶店やってランチはカレーだけそんなんいいもの
ほしいもの結局きたもん
fu uh uh..
「ごちそうさまですた。」

↓この書籍のクラウドファンディング出資者へのおまけ楽曲

カテゴリ

「PUNPEE/Home Curry【歌詞】」への2件のフィードバック

  1. 肌身離さずいつも鍵っ子の俺は
    一人きりの夕飯もなれた
    必然かの時給たいらんに見えた
    巣鴨は朝の5時
    マミーオンザキッチン
    油が鍋に滑るころ 俺とパパ スリーピー
    眠気覚まし
    きつめの香水と玉ねぎをかざし
    パパとモーニング

    まだ聞こえてた夕焼けチャイム
    腹も減りすぎぐうの音だ

    放置続いたとしても誰もおらんから
    桂正和 ちんちん握る

    その場しのぎのカレーとxxx
    秘伝のソース どうせチョコかバーモント

    ふて寝するその頭上
    吹き出した中のママがcue
    ケリつけるよ

    そんなんじゃないよ 冗談じゃないよ
    いつでも君のこと考えてるけど xxx
    大きくなればいずれ分かるでしょ
    いつも二日寝かせた くたびれた僕んちのカレー

    先輩に痛めつけられ
    腹いせに後輩殴って
    まじ虚しかった まじ虚しかった
    ランドセル重すぎて捨てて帰る

    オニオンとトマトさっと炒めて
    香り出すその風味 ほっぺ落ちる

    ケリつけよ、ねぇ
    でも今日も一人 公園の隅 友人とチル

    もう聞こえない夕焼けチャイム
    これじゃ孤独が好きになる

    煮崩れた黄色のカレーだったのに
    黄色 パープルブルー 人参無理

    そんな昔話語りながら
    カレー煮込んでる今じゃステキな手抜きさ
    あん時年下だったちょっと俺に似てたパパもcue
    ケリつけるよ

    1. ありがとうございます!!

      家庭の雰囲気がイメージできる内容ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。