【予約開始】SUMMITのCDにPUNPEE,GAPPER参加6/21発売

音楽レーベル『SUMMIT』所属アーティスト達が、SUMMIT名義でシングル「Theme Songs」を6月21日リリース。PUNPEE, GAPPER参加。

SUMMIT「Theme Songs」

収録曲
1. Theme Song feat. RIKKI, MARIA, DyyPRIDE, in-d, OMSB, BIM, JUMA, PUNPEE, GAPPER, USOWA(歌詞・ラフミックス音源あり)

2. Theme Song -吐血MIX- feat. C.O.S.A., CLAY, AKIYAHEAD, Dzlu, DMJ, alled, OMSB, TWINKLE+, DJ SHINJI

3. Theme Song Instrumental
4. Theme Song a cappella
5. Theme Song -吐血MIX- a cappella

ラフミックスが先行公開

2017.6.21発売 MELのアルバムにPUNPEE,GAPPER参加

東京KOMAZAWA PARK SIDE レペゼン、MELが1stアルバムのリリース決定。PUNPEEとGAPPERらが参加。

2017.6.21発売。プロデューサーに EPLP a.k.a RYOVEN、YASTERIZE、VOLOJZA、Beee Merge、PUNPEE、H!ROKi。客演にWEEDY、DEJI、SMOKIN’ IN THE BOYS ROOM、RAIZEN、GAPPER、PUNPEE を迎えた。

MEL『LIGHTS ON THE PLANET』

収録曲一覧
1. INTRO / prod by EPLP a.k.a RYOVEN
2. A Spinning Coin / prod by EPLP a.k.a RYOVEN
3 .STAND ALONE (feat WEEDY, DEJI) / prod by EPLP a.k.a RYOVEN
4. WIW?? / prod by EPLP a.k.a RYOVEN
5. SPIT FIRE / prod by EPLP a.k.a RYOVEN
6. WARRIOR / prod by YASTERIZE
7. Shooting Star (feat SMOKIN’ IN THE BOYS ROOM) / prod by VOLOJZA
8. Calm Heart / prod by YASTERIZE
9. skit / prod by BeeeMerge
10. 道 / prod by PUNPEE
11. Life Is Beautiful (feat RAIZEN, GAPPER) / prod by Beee Merge
12. HAPPY ENDS (feat PUNPEE) prod by Beee Merge & co prod by PUNPEE(歌詞・Short音源)
13. Listen to me / prod by DJ H!ROKi
14. BLUE PRINT / prod by EPLP a.k.a RYOVEN

↓ デジタル or CD ↓
 

iTunesボタン



●アルバムについて
長いキャリアと、日常を切り取るメッセージ性の強い普遍的なリリックで聴衆の胸を打つMC、MELが遂に1st Albumを完成させた!! 都会の喧騒、終わりなき雑踏。昼間の秩序に、深夜の混沌。無数の人生が行き交う東京。この街の誰もが脇役で主人公。一瞬の閃光、鈍く光るドラマ、それぞれが瞬くLIGHTS ON THE PLANET…。10年に及ぶ主催イベント【GIANT】@ 渋谷family で培ったコネクションを軸に、盟友、ストリートのヒーローが結集。

●曲について
リード曲は今やHIPHOP シーンに留まらず、日本の音楽シーンを席巻しているPUNPEE 参加の【HAPPY ENDS】。PUNPEE の歌い上げるエモーショナルなフックと、MELの幼少期の回想から、現在の世界のあり方を透かし見るラップが交錯する良曲。【Life is beautiful】は今や池袋の顔役とも言える男RAIZEN と、PSG の一角GAPPER とMEL による暖かくもほろ苦い人生賛歌。【BLUE PRINT】はMEL のその半生、キャリアを歌った曲だが、聴いた誰もが共感できるような、追体験したような気分になる言葉選びと聞き取りやすいフローによる心温まる曲となっている。

●MELの活動について
東京出身。ソロMC として数々のPARTY、BATTLE イベントに参加。全国流通作品として2012 年にリリースされた、盟友DEJI の4th ALBUM『自問自答』に収録された “ONE WAY” にGAPPER(PSG)、ACE za S.T.(SMOKIN’ IN THE BOYS ROOM) と共に客演参加。同MUSIC VIDEO はYOUTUBE にて4 万回再生を記録。また、2007年からスタートした、渋谷の老舗クラブfamily での主催イベント【GIANT】は、平日開催にもかかわらず毎回凄まじい盛り上がりを見せ、わずか2年で並み居る強力イベントを抑え週末開催に昇格。現在、奇数月第4 土曜日にてfamily の一角を担いついに10 周年を迎える。今なおその勢いは止まらない。

DEJI / One Way ft.GAPPER,MEL&ACE za S.T.(2012)


2017.6.10発売 Budabrose 2edアルバムに 5lack参加


↑「bad doe」short音源(CD 8曲目)


↑トレーラー音源 5:04から「wavery ft.5lack」

「BudaBrose/ブダブローズ」による1年半ぶりの新作2ndアルバム『BudaBrose 2』が6/10リリース決定

ワールドワイドに注目を集める2人のビートメイカーBudaMunk/ブダモンクとFitz Ambrose/フィッツアンブローズによる話題のコラボレーション。5lackをFeatした珠玉のメロウ・ヒップホップ曲を収録決定(ラップ曲1曲)

BudaBrose『BudaBrose 2』

-Track List-
01. hitchu
02. ill tone
03. fillet
04. rolli
05. ice wishes
06. jass fonk
07. the lavish
08. bad doe
09. four baarz
10. scully
11. reppin same thing
12. we gone
13. wavetree
14. wavery (ft. 5lack)(歌詞)
[Label : King Tone Records / Jazzy Sport]

↓CD発売



BudaMunkについて
ISSUGI&5lackとのユニットSick Team、mabanuaとのユニットGreen Butterの活動を経て、ジャパニーズ・ヒップホップ・シーンに於ける活動の集大成となる名アルバム『The Corner』を2015年にリリースしたBudaMunk。

BudaMunkは、これらの国内での活動と並行して、海外レーベルからのリリース、LA時代の盟友Joe StylesやNew JerseyのEloh Kushとのコラボレーション等、海外のアンダーグラウンド・シーンでの活動も展開してきた。この度リリースされる『BudaBrose 2』は、カナダ/ケープ・ブレトン島出身、現在は東京を拠点に活動するビートメーカーFitz Ambroseとのコラボレーション・プロジェクトの2作目。
↓1stアルバム「Budabrose」

Fitz Ambroseについて
80s/90s感覚を保ちつつ、妖艶でマッドな才覚を注入したビートを叩き出すFitz Ambroseは、ストリート・リリースとなるビートアルバムやMix CDが口コミで即完売する程ヘッズの支持を集めており、5lack『5 sence』への楽曲提供、仙人掌のAlbum『VOICE』へのビート提供で、更なる注目を集め続けている才能。
5lack / G.A.L (Prod.by Fitz Ambrose)歌詞

本作について
国内外のアンダーグラウンド・ヒップホップシーンをコネクトする存在として注目の活動を展開するBudaMunkとFitz Ambroseのコラボレーションで生まれた本作『BudaBrose 2』は、2人の共有する90sバックグラウンドが育んだサンプリングミュージックとしてのヒップホップの魅力80sメロー・ムードとシンクロする艶やかで色気溢れる音の煌めき、躍動的でスモーキーなビート・サイエンスの魔法が、全編に散りばめれた暖かくも刺激的なヒップホップ作品になっている。
アナログ・サンプルノイズをざらつかせながら、ジャジー・メローで暖かな音像がアルバムの幕開けを告げる「hitchu」、80sメローなサウンド・グルーヴがレイドバックしたビートサイエンスに落とし込まれる「ill tone」…と、ブラック・ミュージックの歴史が育んだ豊潤な味わいをコラージュして生まれたかの様な、魅惑のヒップホップ・インストゥルメンタルの世界を体験する事ができる全14曲。アルバム・ラストには、盟友5lackをFeatした珠玉のメロウ・ヒップホップ「wavery」収録!(引用元:soundcloudのトレーラー音源内)

2017.6.7発売 DJ KRUSHアルバムに 5lack参加

DJ KRUSH ソロ活動25周年を飾る初のラップアルバム『軌跡』を6/7発売。5lackがfeat.参加。

DJ KRUSH(クラッシュ,crashは×)が、25周年のタイミングで掲げたテーマは「軌跡」。キャリア初となる日本のラッパーを招いたラップアルバムを6月7日(水)に発売。(奇跡ではなく軌跡)

DJ KRUSH『軌跡 (キセキ)』

収録曲
01. Intro
02. ロムロムの滝 feat. OMSB
03. バック to ザ フューチャー feat. チプルソ
04. 若輩 feat. R-指定(Creepy Nuts)
05. 裕福ナ國 feat. Meiso
06. 夢境
07. MONOLITH feat. 呂布カルマ
08. Dust Stream feat. RINO LATINA ll
09. 誰も知らない feat. 5lack(歌詞)
10. 結 -YUI- feat. 志人

↓ CD「通常盤」or「INST付き2枚組」↓
 

↓デジタル
iTunesボタン

↓ アナログ 2LP(Main Ver.のみ収録)

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH(インタビュー記事より)

参加ラッパーをどう選んだのか? 曲の提供の仕方・やり取りの仕方など語られている。OTOTOY:http://ototoy.jp/feature/20170607

5/27「軌跡」リリースパーティ

出演:DJ KRUSH and SPECIAL GUESTS
5月27日(土)23:00 @渋谷SOUND MUSEUM VISION 前売2,800円 当日3,500円 ※先行で「軌跡」発売予定

●DJ KRUSHについて
サウンドクリエーター/DJ。選曲・ミキシングに於いて抜群のセンスを持ち、サウンドプロダクションに於ける才能が、海外のクラブ・シーンでも高く評価されている。1992年からソロ活動を精力的に行い、日本で初めてターンテーブルを楽器として操るDJとして注目を浴びる。1994年に1stアルバム『KRUSH』をリリースし、現在までに9枚のソロ・アルバムと1枚のMIXアルバム、2枚のセルフリミックスアルバムをリリース。ソロ作品はいずれも国内外の様々なチャートの上位にランクイン。現在も年間、約30カ所以上のワールドツアーを敢行している。地域を越えて、多岐に渡り高い評価を得続けるインターナショナル・アーティスト。(引用元:Amazon内の商品説明より)

1stアルバム『Krash』(1994)


DJ KRUSH × tha BOSS


2017.6.7発売 TWINKLE+アルバムにPUNPEE,GAPPER参加

TWINKLE+の1stアルバム『JAPANESE YEDO MONKEY』5月24日リリース

ラッパーのTWINKLE+(トゥインクル)がキャリア20年、遂にデビューアルバムをリリース。参加アーティストは世代を超えた幅広いメンバーが彩る。PUNPEE、OMSB、BIM、NIPPS、GRADIS NICE、Mitsu the Beats、GAPPER、MARIA、Illicit Tsuboi等

TWINKLE+『JAPANESE YEDO MONKEY』

収録曲
1. JAPANESE YEDO MONKE¥ (Prod by K-Beat+)
2. Fu-jin Raijin feat. IQ∞ (Prod by Southpaw Chop)
3. There is feat. NIPPS, MARIA, GAPPER (Prod by PUNPEE) :歌詞・ミュージックビデオ>
4. 真夜中の猿 (Prod by MUJO情)
5. KEEP ON (Prod by K-Beat+)
6. Midnight Run (TYO) (Prod by Mitsu The Beats)
7. SUPER EMCEE’S PT. 3 (LETHAL WEAPON PT. 4) feat. Akeemoney, KZA, IQ∞ (Prod by The Anticipation “#Based” Illshit Tsuboi)
8. Mukashi Mukashi (Skit) (Prod by K-Beat+)
9. チュン チュン (Prod by OMSB)
10. 八百夜町 feat. chee-tah man jack from 洛陽船 (Prod by K-Beat+)
11. KIRO (Prod by plasticmanjp from 洛陽船)
12. Dush! (Prod by K-Beat+)
13. KAIRAKU feat. OMSB (Prod by BIM)
14. Ultra Man+ (Prod by Gradis Nice)
15. Sentimental (メランコリー) (Prod by K-Beat+)

Recorded & Mixed by The Anticipation Illicit Tsuboi @ RDS Toritsudai

↓ デジタル or CD ↓
 

iTunesボタン

●TWINKLE+プロフィール
真っ黄っ黄の江戸モンキーこと、TWINKLE+(洛陽船 / HELL RAISER CARTEL / ILLMATIC BUDDHA MC’S / 雑草’Z)は、大江戸八百八町にて、1996年よりchee-tah man jack, DJ OBA FLAVAらと共に洛陽船のMCとして活動開始。

その異ノーマルな才能を客演参加し見せつける。NIPPS「VENOM 2002 pt.2」をはじめ、2006年 D.Lソロアルバム「THE ALBUM」に収録の「BACK TO BURN」、「GOD MOUTH (GOD BIRD pt2)」、その他D.L「鋼鉄のBLACK」、アルファ「Cookie」等の楽曲に参加。その後シーンから忽然と姿を消す。

NIPPS / Venom 2002 (Pt.2) ft.GORE-TEX, MONEV MILS (D.L.)

DL a.k.a BOBO JAMES / 鋼鉄のBLACK ft.TWINKLE

Dev Large / GOD MOUTH (GOD BIRD pt2) ft.K5R,TWINKLE,SUPERB,D.


2009年、Dev Largeのプロデュースで、TVCM「JINRO:飲みニケーション篇」でラップをみせた。

JINROのTVCM(Prod. Dev Large)

2017年、突如活動再開し、キャリア20年にして遂に初の1st アルバム「JAPANESE YEDO MONKEY」をリリース。